プロフィール

サラームtky

Author:サラームtky
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長雨

まだまだ8月だというのに、まるで夏を忘れてしまったかのように毎日毎日雨が降り続いている。
太陽が顔を出さなければ気温が上がるはずもなく、いままでの最低気温がそのまま最高気温といった猛暑とは無縁の日々だ。
今しも、低く降りた雨雲にランドマークタワーはすっぽり頭を包まれている。
遠くから見るその立ち姿はなかなかに幻想的である。
長雨
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

横須賀に原発を作るな!

横須賀に原発を作るな!
横須賀に原発を作るな!

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

一雨ごとに秋が近づく!

日本ソフトボールチーム金メダルおめでとうと書こうと思ったのだけど、殆んどのブログがこの話題で持ちきりなので書かないことにします。

あ~あ、書いてしまった。

今夕6時過ぎからポツポツと降り始めた雨は、まもなく本格的な雷雨になり、凄まじい稲光と雷鳴が辺り一帯を制圧した。
しばらくすると近くにドスンと雷の落ちた音。
我が家も直撃雷に見舞われる危険性があったので、PCの電源を切り、念のため電源コードをコンセントから外しておいた。
高圧電線に直撃雷があった模様で、停電したものの短時間で回復した。
やはりPCを切っておいてよかった。
1時間以上荒れ狂っていた雷雨も過ぎ去り、今は嘘のような静かさと涼しさが残るのみ。
室温は27度外気温は21度。
一雨ごとに秋が近づいているようだ。
一雨ごとに秋が近づく

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

もう 秋!

午後になると雨も降り出し、3時過ぎの一番暑い時間帯の気温が22度。
室温も27度でクーラーは勿論、扇風機さえ必要ないほどの、まるで秋のような陽気。
ああ、生き延びさせていただきましたと言う感謝の声が思わず出てしまう。
そういえば8月10日の中日新聞は「富士冠雪」を報じていた。
これが初冠雪ならば、実に1914年8月14日以降、史上最速の初冠雪となる由。
まあ、明日からは30度を越える気温が続くそうだが、今年の秋は意外に早いような気もする今日この頃ではある。
エコバイク

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

「平和への誓い」長崎・平和記念式典

「平和への誓い」全文 長崎・平和祈念式典
 あの日、私は9歳でした。当時、長崎市南部の南山手町に祖父母、両親、兄1人、5人の姉妹の大所帯で生活していました。

 8月9日、朝からの空襲警報が解除になったので防空壕から出て空を見上げていると、友だちが防空壕に忘れ物をしたと言うので一緒に中に入りました。

 その時です。突然強い風が吹いて持っていたろうそくの灯が消え、暗闇の中に火の塊のようなものが飛んできました。やがて近所の人たちが次々に駆け込んできて、皆口々に「大変な爆弾が落ちた」と叫んでいました。

 私を捜しに来てくれた母はガラスの破片で背中に傷を負っていました。末の妹にお乳を飲ませていたとき、爆風で割れた窓ガラスが背中に刺さったのです。家族の無事を確認しましたが、浦上地区の中学校に登校した3歳年上の兄だけは夜になっても帰ってきません。その日の朝、兄はどういうわけか「頭が痛かけん、学校に行きたくなか」と渋ったのを、父が「なんか男が、頭の痛かくらいで学校ば休むな」としかったのです。

 無理に送り出した父の悔やみようは大変なものでした。翌日から毎日毎日、父と母は浦上一帯を捜し、黒焦げの死体や、「水が欲しい」と足をつかむ瀕死の人たちの顔を一人ひとり見て回ったと聞きました。結局、兄を見つけることはできず、中学校で焼いたたくさんの死体から骨を1本だけもらい葬式を済ませました。私は今でも、兄がひょっこり元気な姿で帰ってくるのではないかと思っています。

 両親は、ものすごい放射線を浴びていたのです。母は翌年の10月に亡くなりました。33歳、妊娠5カ月でした。父もその4カ月後に亡くなりました。残された私たち姉妹は別々の親せきに引き取られ、ばらばらの生活を強いられました。その後、姉と妹の2人は原爆症とおぼしき病気で亡くなりました。

 悪魔の原子爆弾は一瞬ですべてを焼き尽くし、何十万人もの尊い命を奪い、生き残っても後遺症で人を一生苦しめる凶器です。核兵器の廃絶と平和を求める世界の人々の願いとは裏腹に、今なおアメリカなど大国のエゴで大量に保有され、拡散されつつあります。東西の冷戦が終わっても、民族や宗教の違いや貧富の差からくる戦争は現在も世界中で絶え間なく続き、多くの人々が苦しんでいます。

 しかし、わが国は戦後63年間1度も戦争をすることなく、1人の日本人も戦争で殺されたり、他国の人を殺したりしていません。これは、多くの人々の犠牲の上に定められた平和憲法のおかげです。私は、この平和憲法と非核3原則を日本のみならず世界中に広げていくことこそが、戦争をなくし、核兵器の増大と拡散をとめる有効な手段であると考えます。

 地球上のすべての人々が、いつまでも平和で豊かに暮らしていくことを願ってやみません。

 2008年8月9日

 被爆者代表 森重子

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。